映画「ザ・ファブル」の感想(ネタバレあり) 期待したけど、残念無念…

映画レビュー

こんにちは、シュッドです!

今回は「ザ・ファブル」です。
原作未見ですが、予告編見て気になってました。
(完全に木村文乃目当てですが笑)

岡田准一といえば最近は「来る」や「散り椿」、「永遠の0」といったように、アクションやシリアスもののイメージが強くなっていて、コメディのイメージが湧かなくなってきてる気がします。
(「木更津キャッツアイ」世代の自分としては寂しい限りです…)

そんな中でのこの作品!期待しないわけがない!

というわけで早速感想に行きましょう!

映画「ザ・ファブル」の基本情報

あらすじ

どんな相手でも6秒以内に殺す。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れ、その存在の真偽さえ訝しがられる男。
“ファブル”を育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、ある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ボスには絶対服従の彼は“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして大阪の街へ。
ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原(安田顕)に世話になりながらも、
生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。
毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。
街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ(山本美月)や、バイト先の社長=田高田(佐藤二朗)とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。
海老原の弟分で出所したての小島(柳楽優弥)と組織の現幹部=砂川(向井理)の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード(福士蒼汰)などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。
そして事件は起こった――。実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。
ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。
だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。
果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか?
そして平和な毎日は戻ってくるのか……!?

http://the-fable-movie.jp/

監督

今作品の監督は江口カンさん。
今まではCM中心に活動されてきて、最近では博多華丸さん主演の「めんたいぴりり」などを製作されていますね。

キャスト

主人公の佐藤アキラ役にはV6の岡田准一
永遠の0」や「関ヶ原」、「散り椿」など、すっかり演技派俳優というイメージが定着しましたね。
以前は「木更津キャッツアイ」・「タイガー&ドラゴン」といったコメディドラマにも出てましたが、今回久しぶりのコメディといったところでしょうか。

相棒のヨウコ役には木村文乃
清楚なイメージですが、今回は茶髪でノリの軽い役どころ。

また、アキラが一般人として生活していく際に関わることになる清水ミサキ役に山本美月
モンテ・クリスト伯」などですっかり幸薄そうな美女役が定着してきましたね。
今回も同様に薄幸の美女という役どころです。

他にも、安田顕柳楽優弥向井理福士蒼汰佐藤二朗佐藤浩市といった錚々たる面々。
どのようにこの豪華キャストを使いこなすのか、気になります!

感想

【結論】
全てが中途半端!もっと振り切っても良かったんじゃない??

コメディだけど・・・

物語としてはアクションコメディなんですけど、笑いのポイントというかセンスというか…、何かが少しズレている感じがスゴイです。
これは原作通りに描いているのでしょうが、絵で面白いのと映像で面白いのは違いますからね。
脚本というよりは演出で何か違和感があるのだと思いました。

例えば、アキラが普通に枝豆を皮ごと丸かじりするシーンも、なんかその異様さが伝わってこないというか、それを見てる周りの反応が薄いというか…

シュールな笑いにしようとするのは分かるが、これは微妙。
これじゃあ折角の佐藤二朗も全然活かしきれてないよ!って劇場で思わず叫びたくなりました(笑)

アキラが書いた幼稚なイラストのくだりも、そんなにブッとんだ絵じゃないからそこまで面白くないし…

という腹の底から笑うことが出来ない感じが終始続く感じでした。

不要な設定が多い

ところどころ、「これって要る??」っていう設定が多い気がしました。

まず、ヨウコの設定。

ものすごく酒豪で、オリラジ藤森をテキーラで潰してしまうシーンがありましたが、これ自体がストーリーとなんの関わりもありません。
正直、王様のブランチの番宣用で無理矢理入れた?と思っちゃいます(笑)

そもそも、ヨウコ自体があまりストーリー本筋にあまり関わらず、薄い印象…
(木村文乃目当てで見たのでものすごくガッカリ…)

次に、殺し屋2人組(福士蒼汰・木村了)ですが、2人要る??
何か2人で協力して仕事をこなすのかと思ったらそうでもないし…
正直2人の必要性が感じなく、福士蒼汰だけとかでもいいじゃんと思っちゃいました。

てか折角木村文乃と2人組がバーで会うシーンがあるんだから、そこをもっと掘り下げるとかすれば、各キャラが魅力的に映ったのに…

最後にアキラが飼うインコ。

ポスターでも印象的ですが、何もない。てか要らない。
なぜあんなに印象的な感じで頭の上に乗せたポスターにしたのかよくわからない位、全く出てこないです。

他にも、盗撮野郎とか、海老原がミサキを元から知ってるくだりとか、要らないのが多すぎるように感じます。

とにかくムダが多い映画だったという印象です。

俳優陣の演技はスゴイ!!!

そんな否定ばかりしている今作品ですが、俳優陣の演技は素晴らしいです!

特に安田顕柳楽優弥がスゴイ!

何のためらいもなく悪事を働く凶暴性と、兄貴と慕う海老原に対する純粋な忠誠心を併せ持つ小島の2面性を上手く演じているのはさすが柳楽優弥といったところでしょうか。

安田顕も、時代が変化していく中でのヤクザのヤクザの在り方に苦心していて、前時代に取り残されている小島を心配する海老原役にピッタリでした。

他の役者陣も素晴らしいので、余計に脚本・演出にガッカリしちゃいます…

まとめ

否定ばかりとなってしまいましたが、部分部分で見ると良いところもたくさんの映画です!
もっとコメディ路線に振り切るか、血みどろなバリバリのアクション映画にすればなあ…

なんか全体的に惜しい!と感じさせる映画でした…
ということで、評価は3/10です!
3.0

ありがとうございました!